10/10 慶樹のトルコFW報告(第2弾)

10/10 慶樹のトルコFW報告(第2弾)

トルコに来てはやくも3日が経とうとしています。「え?いやまだ3日やん」とも思えるんだけど、自分からしたら本当に一瞬に過ぎています。

友人たちにはとてもお世話になっていて、宿泊先の手配から、室内の備品まで一緒に買いに行ってくれて何不自由なくやれてます。「言いたいことは言わなきゃわからん!」という感じのコミュニケーションスタイルなので、自分もしっかりアイデアを言うようにして、だんだんここでの生活スタイルにも慣れてきました。

友人のお父さんが作ってくれたディナーは最高に美味しかった!

お腹いっぱいになって「120%くらい食べてるよ」と言ったら「200%食べんさい!」と言われるほどここの地域では恐ろしく料理が出てくるのですが、最終的には全部食べきって逆に驚かれました。「まさか本当に食べきるとは・・・」と。いえい!

そして、シリア国内外で活動するSpace of Peaceとパートナーシップを組んで、学生ボランティアとして受け入れが決まりました。本来はこうした海外のボランティア生を受け入れていないため、現場ではアラビア語が主体です。自分にとってはアラビア語を素晴らしい環境で学べる良い機会なのですが、受け入れる側にとっては負担でしかありません。そんな状態で受け入れてくれたことに深く感謝し、僕なりの方法ではやく追いつきたいと思います!

とりあえず死に物狂いで勉強して頑張ってくか!と言った感じです。たまに息抜きもしながら。猫と子ども!😻

これからもいろんな場所に訪問する予定です。マイさんのところにも行きたいし、大学にも顔を出したいし、トルコ国内を旅行もしたいし、シリア料理を自分で作れるようにもなりたい!

こんな感じのやりたいことがあったりしますが、地域のことを1番に考えて、1番フィットする自分の身の振る舞い方をしながら願望をかなえて行こうと思います。

それと、少しアカデミックなことの実践もできたらと考えています。そのためにも、しっかり今まで自分が考えてきた「問い」の視点を持って現場に入って行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です