岸ゼミ企画ーVRでフィールドワークのご案内

岸ゼミ企画ーVRでフィールドワークのご案内

この春に訪問させてもらった「絵と言葉のライブラリー ミッカ」

・場のデザインがすごい!
・子どもたちが本との関わり、場との関わりの中でダイバーシティを経験し、学んでいく仕掛けがある
・そのデザイン(しかけ)は、教育関係者、コミュニティ開発者など、子どものが学習・発達に関わる人にとても参考になる

そんなミッカを、ゼミの学生がオンラインで訪問できる企画を建ててくれました。実際にいきたくてもなかなかCOVID-19でいけないため、これを機会に是非私たちとミッカをオンラインで、訪問しましょう!

★以下、はるか@岸ゼミからのご案内★ ミッカのHPはこちら↓
http://micca.me/about/
ここは図書館と思いきや普通の図書館ではありません。大人も子どももワクワクしてしまうような仕掛けがいっぱいです! また、当日はミッカの方々にもお越しいただける貴重なチャンスです

📷 参加希望の方は岸ゼミ関係者にご連絡ください。

↓前回FWの報告えほん📙 https://docs.google.com/presentation/d/1-UBg_r71PHlcbUgpUR31CJ_P81lamYD2OBXjK51MIMc/edit?usp=sharing

第1回目ゼミ:岸ゼミオリジナルインプロゲーム開発!

岸ゼミオリジナルインプロゲーム

<写真 de 妄想しりとり>

★どんなゲーム?

私の夏の思い出をつないで、みんなの夏の思い出にしていく。記憶にある夏の思い出だけじゃなくて、みんな言葉や写真からYES ANDで思い出をつくっていく。

★何が面白い?

・想像力遊びができる。しまうまの写真をしまうまとしてつかわず、メリハリとか、白黒はっきりとか、部分にも目をむけながら想像力で遊ぶ。

・知っていることを超える

その写真が何を意味するのかではなく、その写真で何を語れるのか、知っていることを超えて遊ぶ

・YES ANDで、写真や会話のいろんな色(diversity!)に目を向けていく。story tellingを通して、つくりだす。

・知らないことで遊ぶ=Unknowablity(知らないからこそ、つくりだす楽しさを味わう)

<私の夏の思い出写真>

https://docs.google.com/presentation/d/1RHRo0YeOZ0rEsgJZn0YzwRBG-XYUzDDL7TH4s7vFAOE/edit?usp=sharing

★おわりに

みなさん、岸ゼミオリジナルインプロゲームでの夏休みシェアリングいかがでしたでしょうか。これから使っていけそう!って思うので、シェアしておきますね。

2期生:きりんの首→長い夏休み→夏休みは川の流れのよう→海→お魚→猫→悲しい→食べられた魚→食べられない魚→すいぞっかん→ラブラブ→ゼミ生へのラブ→えいのご飯会→好きな人の姿→愛→いろんな形→愛をテーマとした映画→他の愛→ラーメン→愛→94年間愛された豊島園→人にも終わりがある→ドラマを最初から最後まで→アンナチュラル→不自然→自分の家→バラバラ→作り変える→美しいもの→バラバラになったものをつなげてつくりかていく→研究テーマ→自分の思い、やりたいことをみなおした→光がさした→つながりでオンラインでつながりをつくる→人をつなげる、出会いをつくる→橋→方向性がわからない、上か下かわからない→空間への広がり→いろんな可能性!

3期生:夜景→旅行→仕事と旅行→しまうまのようなメリハリ→猫のようにのんびり→自分のための時間→board gameカフェ→友達との時間→地元の友人→I need you!→地元→家族との時間→歓迎される→unnutural→お酒を飲んで記憶をなくす→はきいりしていない→ふわふわ→泡色のような時間→5時の空→縛られない→寝る時間→5時→起きる時間→きれい→韓国料理→みんなごはん→みんな→いろんな色→いろんなおとをやった→充実→お風呂あがりの時間→一瞬→豊島園→時間→いい時間→ゼミ→時間→水族館→キスする魚→夏の過ごし方→ずっと家→息苦しさ→動物→新しい猫→固定観点→変化→こどもの成長→可愛い時期は一瞬→自分を思い出す→幼いこころ→すいか→すいかのタネ→泣ける

<どんな経験をしたのか>

・夏の思い出どうだった?っていったら動物えんいったとか、かわいかったとかでおわっちゃうけれど最後のりょりょみたいに、エピソードみたいにでてくる。一瞬のエピソード目をむけられなかったエピソードがに目を向ける機会ができた。

・写真をみて語るのは、すでに語ることがあるけれど、みんなの話を聞いたり、写真から連想することで、即興的に、自分の夏をもっといろんな部分に目をむけて言葉にできた。それが思い出にもなった。

・写真をみて、自分の話につなげるので、いつもより、色、質感、ひかりのあたりかた、観察する機会になります。

・写真もそうだし、エピソードも、普段だったらひとつのかたりまとしてきくけれど、単語とか一部に目を向けてそこからきりとっていくので、単語ひとつひとつに目をむけるようになった。普段と聞き方が違う。いつもと違う頭のつかいかたをした。きりとりかたとか人によって違う。

・たみとふうこの話をきいて発想の転換の仕方とか鍛えられそうインスタとかでも、誰が投稿して、何をするのか、という簡単に理解しちゃうけれど、誰がアップしたかわからないし、想像力をはたらかせた。ワクワクした。

・夏から一枚写真を選ぶ。夏休みから1つ選んだので、なぜ、これを選んだのかなっていうのもおもしろかった。ゲームの前からはじまっていた。

☆第2回ラジオ「あつまれ!岸ゼミの声〜」☆

みなさ〜ん!第2回ラジオ、今日22:30からです!

お悩みコーナー:関口ゆうせい様
小話コーナー:原田りょう様

をそれぞれゲストでお招きしてステキなナイトにしていきましょう!さあラストミニッツでどんどん送ってください〜〜(すでに送ってくださっている皆さんありがとうございます!)

ゲストさんと一緒にみなさんからのお便りと参加を待ってます〜〜!!

【お悩み】【曲リクエスト】【小話】【フリーコメント】google form↓↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfyPnU_ASyHJaEctQ3p4XmWfOCBgh_msoLvaUFNXR19OLVVjQ/viewform

【リアルタイムリアクション】イマキクのURL↓↓
https://sugukiku.com/ja/
参加コードは237-362

ミライをつくるコトバをつくるーミライラボプロジェクト

全国の中学生、高校生、留学生のみなさん
こんにちは!
明治大学では、新型コロナ拡大防止のため、大学のオープンキャンパスをオンラインで実施することになりました!
国際日本学部もゼミや授業のワークショップや模擬授業を一部オンラインで実施します。岸ゼミでも、学生企画の2つのオンラインワークショップをします✨
今日はそのひとつ、ミライラボプロジェクトの学生たちの企画をご紹介(ちょうど、ゼミのみんなで体験したところです)
岸ゼミでは、学生たちの興味関心、問題意識から自分たちのプロジェクト(my project)を立ち上げて活動します。ミライラボプロジェクトでは、「コトバがミライをつくる」をキーワードとして、コトバをつくるワークショップを企画してくれました。
★自分のことをコトバにする活動
★先輩(大学生)のコトバと出会うことでなりたい自分のことをコトバにする活動
★自分のやりたい、をコトバにする活動
の3つの活動を、写真やポスターなどを使いながらコトバにしていきます。自然な会話の中で、自分についてコトバにしていけるように工夫されていて、とても面白かったです。
日時:2020年8月21日(金)(土)
時間:11:00-11:50am
方法:Zoom(お申し込みいただいたメールにリンクを送ります)
とても快適な環境の中で大学生の言葉と出会いながら自分のミライを描く良い機会になると思います。是非いらしてください!
申込は以下のFormから!
直接私にご連絡いただいてもOKです!
他にもプログラムがいくつかあります。
少しずつご案内します!
まずは、ミライラボのご案内からです✨

☆第一回ラジオ「あつまれ!岸ゼミの声〜」☆

☆第一回ラジオ「あつまれ!岸ゼミの声〜」☆
先日予告した、みんなの声を集める・広げるラジオが今日の22:30から始まります!参加の際はビデオオフ&ミュートでお願いします〜〜
BGM感覚で聞くのも大歓迎ですが、できればリアルタイムの参加やリクエストなどで盛り上げてもらいたので、2つの参加方法を紹介します:キスする猫:
①google formで回答を送信!
・ラジオ内で流してほしい曲
・今日の後半のトークテーマ「個人的ニュース」についての小話
をgoogle formで募集します!!じゃんじゃん送ってね!
https://docs.google.com/forms/d/10rGcXaFwmBwX_4AUqRDNRFH8gNL9NJmlR1pfbdiiHO4/edit②スグキクでリアルタイムで反応!
スグキクで私たちの話や、みんなからのお手紙に対してコメントをもらえるととても嬉しい!(いつものゼミのzoomのチャットみたいに)以下のURLにアクセスして、参加コードを入れたらYou are all set!!
https://sugukiku.com/ja/
参加コードは042-526

国際学会発表まであと1ヶ月!

2020年8月に国際学会があります。新型コロナ感染防止の観点から今年はオンラインに。岸ゼミから学生セッションで6件の発表があります。どれもとても興味深い研究で、国際的にアカデミアと議論できるのはとてもいいなと思いました。

原稿締め切りは、7月31日。それに向けて最終の論文検討会。
あとは、出して、プレゼン準備。
授業の課題があるこの大変な時期ではあるけれど、研究をしっかり進めていて、心からゼミ生に対してI am proud of themです。

2020年度2回目対面ゼミはVRコンテンツ制作!

2回目対面ゼミはVRコンテンツ制作しました。3年生と4年生対抗で、どちらがいいコンテンツつくれるか!それぞれ、とてもいいコンテンツを作れました。VRってなに?どうやって使うの?というところからスタートしたけれど、たった4時間で、練習ー制作ー発表とひととおり体験できて、すごくプレイフルな時間でした!

 

★制作したコンテンツはこちらから

vr01