http://www.jset.gr.jp/sympo/sympo_2015.html

学校教育は、次世代の子どもたちに ・何を(Use tools interactively、Interact in heterogeneous groups、Act autonomouslyなどキーコンピテンシーとしての21世紀型スキルなど)、 ・どのように育て(どのようなカリキュラムや授業設計が必要か)、 ・それをどう支援していくのか(ICTとの関係など)、 ・そしてどう評価していくのか(評価の単位、観点、対象など) について、オーストラリアのビル先生による発表と日本の最先端の教育実践の事例を聞き,考え、気づき、学べた一日でした。 シンポでは急遽、一部通訳をお手伝いすることになりましたが、ビル先生がとても素敵な人でご一緒できてすごく楽しかったし、嬉しかったです。一緒に仕事をさせてもらうと、参加するだけよりもずっとずっと親しくなれます。この機会をくれたMonkey,T. Jumpeiに感謝! ★写真は、シンポの後の夕食会。シェフの笑顔と最高のおもてなしのおかげで、とても良い時間が過ごせました。今日中に帰らなければならない先生方も何人かいて、最後には、人数が半分以下になったので、デザートをひとり2〜4つ(人分)食べることになり・・・。頭もいっぱい、笑いもいっぱい、おなかも一杯の一日でした。 1390486_977679305606407_4151552242469275255_n
]]>

Category
Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です