授業もちょうど半分が終わった。予定通り進んでいる。授業のパターンができてきたので、私も学生も授業がやりやすくなったと思うけれど、このあたりで、一度、「いつもと違うこと」をしてリズムを作らないとなぁ、と思ったので今週のメデイア教育論では、植田しおりさんに実践事例をテレビ会議を通して講演してもらうことにした。 ちょうど、「遠隔教育とeラーニング」について講義していたので、遠隔教育の事例について実践者から話を聞くこと、そしてテレビ会議という遠隔教育のツールを体験してもらうことを目的とした。 講義のあと、質疑応答に時間をとって、その日の予定の「メディアリテラシー」についてはほとんどふれることができなかったが、学生の感想をみると、こういったアクティビティもなかなかいいものだと思った。 メディア教育なので、いろんな新しいツールを積極的につかって、知識だけではなく、実際に体験してもらう場をいれていきたいとおもった。 協力してくれた植田さん、本当にありがとう!  ]]>

Category
Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です