ブッダガヤの大学と連携してどのようなフィールドワークを実施するかについて、ほぼプロポーザルができた。WAPのOさん、マガダ大学のOさんがかなり支援してくれ、具体的にアイデアをつめることができた。あとは、これを両大学に提出し許可をもらい、承認を得るだけである。来週からしばらくミャンマーへ出張に行くのでそれまでにある程度、形は整えておきたい。

夕方は、web2.0の研究会.研究室の特徴をポストイットに書き出し、テクノロジーがどのようにこれらの活動をサポートしているかについて分析した。その後分析の結果をfacebookにてディスカッション。非常に面白い気づきができた。このように研究会でもソーシャルメディアを活用して知識構築を体験するのも大事。自分が体験しなければ、机上の空論になってしまうから。体験に基づいた考察ができるよう、自分自身いろんな体験をしていく必要がある。]]>

Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です