★実践の目的:中野に住む留学生または中野に来る外国人の人たちにとって有用な情報をARを通して提供すること。

★方法:留学生の視点からみた「中野」をARコンテンツにする。

★特徴: ①日本人とは違う「留学生」の視点からみた都市情報の提示。 ②都市の情報デザインと教育の連携(教育実践としての意義あり)

20140615-235342-86022041.jpg]]>

Category
Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です