1173839_625701850804156_583792797_n9月7日は、箕浦先生との文献研究会。 今月は、私が発表担当で、対話的自己理論と教育研究の接点について発表した。 これまでの多くの研究では、「学習」を認知アプローチに基づいて捉らえ、教育方法が開発されたり、教育成果がはかられてきた。けれど、これに対して、違和感を持っている教育研究者、実践者は少なくない。それを超えるアプローチとして構成主義や状況論、CHATといった考えがでてきたけれど、いかに教育研究に取り入れるか、といったことについては、まだまだ課題がのこる。 対話的自己理論は、そういった疑問に答える枠組みになるかもしれない。 ディスカッションも盛り上がり、たくさんのコメント、意見をいただけた。Tさんと一緒に共同研究しようか!という動きもでてきて、楽しくなりそう~。 知れば知るほど、「問い」が生まれてきて、「問い」を追求すればするほど、見えてくると同時に、何が見えていないかがわかってきて、そしてまた知りたくなる。楽しい! 写真は、Tさんの次男くんが研究会の様子を描いてくれた。ほんと上手!!ありがとうー!]]>

Category
Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です