「おしゃべりなパントマイム」の公演に行ってきました。 以前、藤倉さんのワークショップに参加させてもらって、藤倉さんの哲学に惹かれ、実際に公演を見に来ました。土曜日は、朝6時半からノンストップで仕事だったので、眠くて眠くて、体力的に持つかな、と思ったけれど、2時間半の公演、楽しすぎて、すごく集中して楽しめました。 藤倉さんのパントマイムに関心をもったのは、身体性の観点から学び(learning)を考えたいと思ったから。私達の欲求や行動は、道具(媒介物)にかなり規定されている。体もひとつの道具として捉えた場合、日常的な体の使い方とは違う使い方ができれば、できること、欲求、思考が変わってくるんじゃないかと思っている。学びと身体性について今後も考えていきたい。]]>

Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です