11/19 Malang大学との交流

11月19日(木曜日)

今日は、インドネシアのMalang大学から4名のProfessorと4名の博士課程の学生さんが明治大学の施設および授業(実践科目E)の見学に来られました。

急な訪問だったけれど、1週間前の今日、学生たちに「何かできる?」と聞いたところ「やる!」とのことで、急遽、8名の訪問者が参加できるアクティビティを準備。

学生たちによるワークショップに参加いただきました!

前半は、小林くん&小野田くんのファシリテーションによるプロジェクト紹介。この授業では、学生たちが4つのプロジェクトを立ち上げてそれぞれ活動しています。それぞれのプロジェクトについて紹介し、フィードバックをいただきました。

後半は伊藤 稜くんのファシリテーションのもと「2030年の未来を考える」というワークショップを実施。これは、上記4つのプロジェクトのうち、秋田県G高等学校と連携したプロジェクトのメンバー(Nen NakayamaRyosuke HayashiAsami YanagawaHoin DanYui FujiseMiki Kageyama)が中心になって企画、準備してくれました。そして先週学んだばかりのGraphice Recordingの技を使って議論を可視化しながら交流を深めました。

時間があまりなかったのでゆっくり議論できなかったけれど、ICT活用とアクティブ・ラーニングの視察が目的だったので、それは経験してもらえたかなぁ、と思います。

今回のMalang大学の訪問につきましてたくさんの方に協力いただきました。中野キャンパスのMさん、駿河台キャンパスのユビキタス教育推進事務室のNさん、Aさん、総合数理学部のY先生、(FBではつながっていませんが)ありがとうございました〜!

詳細は、伊藤くんがまとめてくれるので後日シェアします★

12227118_1061535720554098_2015572081181650555_n 12241434_1061535807220756_2934818542240274928_n

Leave a Reply