ARを用いたフィールドミュージアム構築の取り組みが現地の複数のメディアで紹介されました。

【ご報告】

この春にインドのブッダガヤでNPO法人Niranjana Welfare Public Schoolと連携して行ったARを用いたフィールドミュージアム構築の取り組みが現地の複数のメディアで紹介されました。その内容を大学のウェブでも紹介いただけたのでシェアします。

本プログラムは、明治大学の学生5名と明星大学4名のコラボです。 明治大学からは、宇野君(Shun Uno)藤瀬さん(Yui Fujise)、山谷さん(Mei Yamaya)、久保さん(Mayuno Kubo)、岩見君(Hiroaki Iwami)の5人が参加。

制作したコンテンツは現在、2通りで公開予定です。
(1)ひとつは、ARコンテンツとしてウェブにアップ
今野先生(Takayuki Konno)が中心に明星大学でARコンテンツ化してくれています。お楽しみに〜!
(2)もうひとつは、関西大学初等部で本の出版。
関西大学初等部の三宅先生(Kikuko Miyake)の学年の総合で、児童らがニランジャナの生徒たちが作ったコンテンツで足りない情報を補足して、冊子(書籍)にする予定です。学生たちはその活動のサポーターとして関わっています。

★詳細はコチラ
http://www.meiji.ac.jp/nipp…/info/2015/6t5h7p00000ihd8u.html

チェックされたかたは、是非、大学のウェブ上で「イイネ」をクリックしてください^^

Leave a Reply