6/19 特別講義として「ピッケの作る絵本」

昨日の教育方法技術は、特別講義として「ピッケの作る絵本」の開発者である朝倉 民枝さんを講師としてお招きして、iPadを使った絵本制作(story telling/story making)の授業を行いました。

数学、国語、英語、総合など様々な教科において、深い理解を促すための方法としての「物語」の活用はポテンシャルがいっぱい!

受講生から出た案として、たとえば、算数では、2✖︎3の物語を児童に作らせるとか、cosを身近な例で表現するとか。国語なら「因果応報」に関するものがたりを作るというのも。総合では、児童が自分たちで調べた(見聞きした)ことを、主人公のピッケを通して物語としてまとめることもできる。英語では学んだフレーズを使って海外を旅する物語をグループで作ったり。ジャスパー教材のように算数の知識を活用して問題解決させるための指導用教材を作っている受講生もいました。

小・中・高の先生で興味のある先生!!。是非、ご連絡ください。朝倉さんと私と一緒に共同研究いたしましょう!

10372508_976750185699319_8932342334067680389_n 11538032_976750199032651_1981506822596833284_n

Leave a Reply