11/28 WALS3日目

学会最終日(11月28日)は、学会がアレンジする学校とは別のバンドンの学校を訪問しました。

そう!初日に偶然出会ったエルビラさんの学校です。
カトリックの学校で、幼稚園、小学校、中学校のエスカレートの学校。
いい学校とは聞いていたけれど、教育のレベルの高さに驚きました。
ホテルまで、校長先生自らが車で迎えにきてくださり、1年生から6年生までの授業をすべて見せていただきました。授業を少し見せてもらっただけでも、すごくいい学校なのがすぐ分かる。子どもの意欲も高いし、教室の掲示物も豊富だし、教具や特別教室(実験室や音楽室、図書室、博物館など)も充実している。
途中から、中・高等部のオノ校長先生も合流してくれました。中・高等部はちょうど試験中だったので、外から様子を見せてもらうだけだったけれど、やっぱりだいぶ雰囲気が違うね。

ラリー校長@初等部とオノ校長@中・高等部から、インドネシアの教育状況や課題などかなり詳しく、たくさんお話を聞くことができました。
急な訪問にも関わらず、ケーキやランチもごちそうになり、学校のTシャツまでプレゼントしてもらい、最高のおもてなしに心から感謝です。
小学校の先生方!本当に素敵な学校です。インドネシアの小学校と交流を希望する学校はご紹介しますよ〜。
1506679_867823916591947_3886577470813965906_n

10358559_867823933258612_7248955348740739696_n
★写真は、学校で出会った先生たち、子どもたち。毎週金曜日は、民族衣装(バティックのシャツ)を着ることになっていて、この日は色鮮やかな制服で、子どもたちも先生もすごく素敵でした。最後の写真は、子どもが書いた絵。この国にもパン食い競争がある!

Leave a Reply