日本教育工学協議会(JAET)に参加

24日(金)と25日(土)は、理事を務めている日本教育工学研究協議会(JAET)の全国大会に参加してきました。(詳細はコチラ http://www.jaet2014.com)
とても天気に恵まれ、最高の京都日和。駅から10分の道のりを、道に迷って45分以上歩いたけれど、いい天気だったので、よい散歩になりました。

JAETには、日本全国の初等・中等教育の先生が集まります。そして、現場の先生、大学等の研究者、企業、行政などいろんな人が一緒に、情報を活用した授業実践や授業設計(改善)について研究発表をもとに情報交換をしたり、議論したりします。現場での授業の創意工夫や挑戦、課題、苦労などが共有され、私自身とても刺激を受けました。

それに、私自身、大学での情報教育の実践をデザインする際、初等・中等教育での動向をしっかり抑えて、うまく接続、発展できるように考えるので、とっても参考になりました。

日本の先生は、すごいです!私自身、現場から学ぶだけではなく、現場へ貢献でいるように日々頑張ります〜!

今回特に私が関心を持ったのは、京都市⽴⻄京⾼等学校での教科「情報」での実践。印象操作の観点からメディアリテラシーを学ぶというもの。
(印象操作というのは、読み手にどういう印象を与えるように情報が創られているのか、ということ。分かりやすい例としては、コチラ http://spotlight-media.jp/article/50466214100990319)

高等教育では、さらに発展的に自らの情報発信を印象操作の観点からメタ的に振り返るようなそういう実践もできそう。今、取りくんでいるシリア難民支援の一環としての映像制作についても、ただ映像を創るだけではなくて、学生たちが制作している映像を視聴者はどのように見るか分析するフェーズも入れてみようと思いました。
さて、来年のJAETは富山です。

http://www.jaet.jp/katudou/s130713toyama.html

10153656_847134891994183_8398281944510565891_n写真は、川崎市T小学校の福山先生の発表の様子。福山先生の発表、とっても良かったです。校内研での情報教育への取り組みを通して、そこでの経験が1授業の中でどう実践されるようになったのか、どう授業が発展していったのか、そして、その取り組みを通して校内研という教員団体がどう変わっていったのかがすごくよく分かりました!福山先生、おつかれさまでした!

Leave a Reply