国際シンポジウム「アクション・リサーチによる授業改善と学校改革」

今日は、日本女子大学@目白までサイクリング。

自宅から30分ほどなので、楽しいサイクリングを期待していたのだけれど、
体力のある相方さんについていくのに必死(迷ったら会場につけない)だし、
歩いて自転車を押しても転げそうな急な登り坂にヘトヘト・・・。
朝のランニングと合わせて、いい運動になりました・・・。(ぐったり)

今日参加したのは、国際シンポジウムは、

カナダのジャクリーン・ディロング教授を迎えた講演でした。
自らの授業を学生と一緒にアクションリサーチで改善していくというのがとてもおもしろかった。実際に私も同じようなことをやっていたので、その実践をジャッキー先生に話すと、「じゃ、それを論文にまとめてみて。そして、意見交換しましょう」と言われ、「約束します」と宣言してしまった。やります。論文にまとめます!

鹿毛先生@慶応の講演も、吉崎先生&澤本先生@日本女子大、生田先生@新潟大学のパネルディスカッションもほんと、おもしろかった。

パネルディスカッションは、1時間半くらいあったけれど、質問や議論がもりあがってあっという間だった。私も疑問に思ってたところを質問したところ、登壇者の先生方から詳しく説明いただいて、とても勉強になった。

1時から5時半という4時間半のシンポジウム。とても面白かったので集中していてあっという間だった。考えたこと、新しく知ったこと、調べたいことは、後日、ブログにまとめようと思う(インシャッラー)。

1450710_659797557394585_1855172291_n

 

Leave a Reply