6/27-28 ルーブリックの共同作成の試み

今週月曜日は、教育工学会から、投稿していた論文が受理されたという連絡をうけてとても嬉しかった。この論文は、5年以上かけて調査+分析してきたものだ。国際開発学会で発表して以来、データを増やしたり、分析の視点を変えたり、理論的枠組みを変えたり、いろいろ考えてみたが、論文としてなかなかまとまらず苦労をした。活動理論の枠組みを使うことで、ひとつの論文をしてまとめることができた。とても嬉しい。

火曜日の授業では、前回の授業に引き続き、ルーブリックを学生と共同で作るというアクティビティをした。今回は、遠海先生がサポートにきてくれたので、かなり助かった。従来の授業では、学生のパフォーマンスは、教員が持つ強化基準によって評価されてきた。それは学生に明示されることはなく、暗記のものであれば○か×で評価され、パフォーマンスの場合、何か基準をきめて評価される。しかし、最近では、その評価基準を学生に明示し、学生がその基準を意識しながら学習できるような取り組みが着目されている。その具体方法がルーブリックである。

私もこれまでの授業でルーブリックを使ってきたが、ひとつの疑問があった。評価基準を学生に明示することで、確かに学生は,その基準を意識して活動することができるようになった。しかし、その基準の中に入らないパフォーマンスについては、評価されないため、その分手を抜くようになったのではないか、ということである。つまり、学生は評価されるところばかり頑張って、評価されないところについては、がんばらなくなってしまうのである。1クラス50名ほどいるクラスでは評価の観点を多くしない。多すぎると評価に時間がかかりすぎてしまうからである。結局、5項目くらいの評価基準になる。そこで考えたのは、学生が頑張りたいと考える点と教員が評価をしたい点をあわせて評価基準を作るということである。これにより、教員に言われた事だけを頑張るのではなく,自分が頑張りたいという目標を自分でたててがんばることができる。28日の授業では、その実践の第二回目である。評価基準を作る事は学生にとって簡単ではないが、何をがんばりたいか、ということを考える上では役に立ったのではないかと思う。これについては、しっかりデータをとって、このやりかたが良いかどうかを判断しようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です